デジタル一眼購入編

お手ごろ価格へ

デジタル一眼レフカメラは発売当初、非常に高価で簡単に買える代物ではありませんでした。しかし2001年にCanonからEOS Kiss Digital、NikonからD70が実売12万円前後と言う驚異的な価格で発売されました。以降、各社から安価かつ高性能なデジタル一眼レフ入門機が発売されています。

メーカー選び

デジタル一眼選びの最初の関門は「どのメーカーにするか?」でしょう。交換レンズは基本的にメーカー間の互換性がなく、本体を購入したメーカーのものを使うことになります。まず、お気に入りのメーカーがある場合は迷わずそのメーカーの製品を購入しましょう。夜景撮影においてはどのメーカーのエントリー機でも充分撮る事が出来るのでコンパクト機ほどスペックを気にする必要はありません。細かいスペックよりも気に入ったメーカーのものを選んだ方が良いでしょう。

レンズ、最初の一本

デジタル一眼はボディだけで写真は撮れないのでレンズが必要になります。夜景撮影の際、はじめの一本として欲しいのは「標準ズーム」と言われるレンズです。どのメーカーもボディ + 1~2万円ほどでレンズセットが販売されているのでそれを購入するのも一つの手です。

しかし、撮影に慣れていくにつれ、セットで付属されたレンズだけでは満足できなくなっていくかもしれません。その時は改めて自分が欲しくなったレンズを買い足していけばいいと思います。

単焦点?ズーム?

単焦点レンズはズームレンズより一般的に明るく画質もいいのですが、文字通りズームが出来ません。三脚を使ってカメラを固定して撮るのが前提になる夜景では、撮影者が移動する事によって被写体との距離を調節する事が難しいので使いどころが若干制限されてしまいます。

しかし、三脚を使わず手持ちで撮る場合には単焦点レンズのコンパクトさ、明るさが発揮されます。特にイルミネーションや人が多くて三脚を使えないような場所では明るいレンズはぜひとも欲しいところです。

デジタルカメラの進化系?ミラーレス一眼

2008年頃からミラーレス一眼と呼ばれるカメラが発売されるようになりました。これは従来の一眼レフカメラのようにレンズ交換機構を持ちながら、ミラーボックスを無くしコンパクト化したものです。ミラーボックスがないため光学ファインダーは使用できませんが、代わりにデジタルファインダーを備えたものも存在します。 デジタルファインダーは性能的に光学ファインダーには及びませんが、デジタル一眼レフは大きい、重いというユーザーにとっては同等の描写力を持ちながら小型・軽量化されたミラーレス機も選択肢の一つとして大いに魅力的といえるでしょう。また、ミラーボックスを取り去ったことによりデザイン上の制約が減り、美しいデザインのカメラも豊富に発売されています。

画質面では一眼レフに劣らないミラーレスですが、レンズから入射した像をイメージセンサーで処理した後に液晶画面や電子ファインダーに表示するため、バッテリーの消耗が一眼レフよりも大きくなります。よって、ミラーレス一眼で夜景を撮る際には予備バッテリーを持っておくと良いでしょう。

2010年5月 掲載/2011年7月 加筆/修正